種類別に見る「クレンジング」のメリット・デメリットとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性・フェイシャル

 あなたはクレンジングを選ぶ時、「メイク落ちの良さ」だけでクレンジングを選んではいませんか?

実はクレンジングは、「メイク落ちの良さ」などのメリットだけではなく、それぞれのタイプのデメリットを把握した上で選ぶようにしなければいけません。

今回は、種類別クレンジングのメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

オイルタイプのクレンジング

オイル・クレンジング

 少しトロッとしたテクスチャーのクレンジングです。

メイクに直接馴染ませて使います。

メリット

チェック油分でできているメイクアップコスメとのなじみが良い

チェック洗浄力が強くメイク落ちが良い

チェックお風呂に入りながらでもクレンジングができる

デメリット

チェック合成界面活性剤が含まれている

チェック洗浄力の強さが肌トラブルを招く恐れがある

チェックお肌が乾燥しやすくなる恐れがある

ローションタイプのクレンジング

スキンケア

 アルコールでメイクを落とす、サラッとしたテクスチャーのクレンジングです。

(トロッとしたテクスチャーのものもあります。)

コットンに染み込ませてから使います。

メリット

チェック水やぬるま湯がなくてもメイク落としができる(節水になる)

チェックあまりお肌に負担がかからない

デメリット

チェックコットンを用意する手間がある

チェック拭き取る時にお肌に強い摩擦を加えてしまう恐れがある

チェック消毒用アルコールで肌荒れされる方は使用できない

ジェルタイプのクレンジング

ジェル・クレンジング

 ジェル状のドロッとしたテクスチャーのクレンジングです。

水性のものと油性のものとがあり、メイクに直接馴染ませて使います。

メリット

チェックメイクにも水にも馴染みやすい(水性・油性両方)

チェックお風呂でも使うことができる(水性・油性両方)

チェック洗浄力は比較的強めでメイク落ちが良い油性タイプ

チェック洗浄力が比較的弱くてお肌に負担がかかりにくい水性タイプ

デメリット

チェックオイルタイプやクリームタイプと比べると洗浄力は劣る(水性・油性両方)

チェック洗浄力の強さでお肌に負担をかける恐れがある油性タイプ

チェックメイクがなかなか落ちずに摩擦を加えてしまう恐れがある水性タイプ

クリームタイプのクレンジング

クリーム

クリーム状で少し硬めのテクスチャーのクレンジングです。

クレンジングとして使われてきた歴史が古く、メイクに直接馴染ませて使用します。

メリット

チェックメイク落ちが良い

チェッククレンジング後のお肌が乾燥しにくい

チェック商品によっては「マッサージクリーム」としても使用できる

デメリット

チェック合成界面活性剤を使用している

チェッククレンジング後にべたつきが残る

ミルク(乳液)タイプのクレンジング

乳液・ミルク

 一見すると乳液のような、乳白色で少しトロッしたテクスチャーのクレンジングです。

メイクに直接馴染ませてから洗い流すものと、コットンに乗せてから拭き取って使うものとがあります。

メリット

チェック洗浄力が弱くてお肌に優しい

チェック伸びが良くて使いやすい

チェッククレンジング後のお肌が乾燥しにくい

デメリット

チェック乳化するまでに時間がかかる

チェック洗浄力が弱いので摩擦を加えてしまう恐れがある

チェック落とし残しが発生しやすく肌トラブルを招く恐れがある

シートタイプのクレンジング

女性・コットン・クレンジング

あらかじめローションタイプのクレンジングが染み込ませてあるのが、シートタイプのクレンジングです。

シートを当ててサッと拭き取って使います。

メリット

チェック一番簡単に使えるクレンジングである

チェック持ち運びに便利で、外出先や旅行先でも手軽に使える

チェック水やぬるま湯で洗い流す必要がない

デメリット

チェックシートでお肌に摩擦を加えてしまう恐れがある

チェック毎日使うとお肌に良くない可能性が高い

デメリットも考慮して選ぶこと!

ニキビ

 クレンジングの種類と、それぞれのメリットデメリットについてお話しさせていただきましたが、クレンジングを選ぶ時はそれぞれのデメリットを考慮した上で選ぶようにする必要があります。

ピックアップお肌が弱い場合は、お肌にあまり負担がかからない、洗浄力の弱いミルクタイプのクレンジングがオススメです。

ただ、洗浄力が弱いがゆえに、なかなかメイクが落ちず、「ゴシゴシ」と擦ってお肌に摩擦を加えてしまう恐れもあります。

お肌に優しいクレンジングを選んでも、摩擦を加えてお肌を傷めてしまっては意味がないので、「洗浄力が弱いため、メイク落としには時間がかかる」ということを把握した上で選ぶ必要があります。

ピックアップ普段から濃いめのがっつりメイクをしている方の場合は、洗浄力が強くてメイクが落としやすいオイルタイプのクレンジングか、油性ジェルのクレンジングがオススメです。

がっつりメイクの場合は、ちゃんと落としたつもりでもメイクが残っていることがよくあるので、メイク汚れによる肌トラブルが懸念されます。

ですから、お肌にかかる負担は大きくなりますが、洗浄力の強いクレンジングを選んだほうが良いでしょう。

まとめ

種類別クレンジングのメリットとデメリットについてお話しさせていただきました。

それぞれ、クレンジングの種類によって、メリットやデメリットは異なってきます。

選んで使用する際は、デメリットも考慮しながら選んでいく必要がありますね。

是非、クレンジングの見直しや選び方などの参考にしていただけると幸いです!

いいね!
この記事をお届けした
ishiki-upの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする