脚のむくみ改善・解消方法!注意が必要なむくみの症状とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容・健康・むくみ・脚
脚を出す機会が多い方のお悩みで、とても気になることといえばむくみではないでしょうか?

むくみ(浮腫)の原因は様々で、思わぬ病気が隠れている場合もあります。

「アレ、いつもと違う」と感じた時に、病院に行った方が良いのかどうか、迷ってしまう事もあるでしょう。

そこで、症状にそって、わかり易くご説明しますので、あなたのむくみと比べてみてくださいね!

両脚が同じくらい、むくんでいますか?

マッサージ
立ち仕事
長時間のデスクワークで、夕方には両脚がむくむなんてことは日常茶飯事ですよね・・

それは、脚の血液リンパ液が心臓に戻りにくくなり、脚に貯まってしまったものがむくみとなって現れています。

むくみ解消の対策

ピックアップ
つま先立ち(かかとを上げる)運動が有効です。
ゆっくり、10~20回つま先立ち(かかとを上げる)運動を繰り返してみて下さい。

立っていても、腰かけていても出来ますので、気が付いたら実行してみましょう。

足首を回したり足指でグーパーも良いので、なるべく長時間、同じ姿勢でいないようにしましょうね。

自転車に乗る方は、つま先でペダルをこぐように意識してみてください。ふくらはぎの筋肉の良い運動になります。

朝起きてから、むくみが退いていれば、ご心配いらない場合が多いようですが、女性ホルモンの影響により、月経前や妊娠中もむくみやすくなります。

注意が必要な、両脚のむくみ

注意
両脚がむくんで
動悸息切れ食欲減退寒気尿の異常などの症状がみられる時は、要注意です。

内臓が原因のむくみかも知れません。
心臓腎臓肝臓甲状腺などの疾患が疑われますので専門医の診察を受けましょう。

他にも、

チェック薬の副作用
チェックダイエット等による栄養障害
チェック加齢による内臓機能の低下

なども原因となりますので、よくご担当医にご相談くださいね。

むくみに左右差がある時は?

ウォーキング
赤く腫れて、熱っぽく、押すと痛い
時は、感染症が疑われます。

抗生剤の投与が必要な場合もありますので、なるべく早く受診しましょう。

感染症でなければ、静脈リンパ管疾患が多いです。
立ち仕事やデスクワークに携わる、特に女性に多く見られる静脈瘤は、血液の逆流を防ぐ静脈の弁の故障が原因で起こります。

血液が脚に溜まってしまう為、青い静脈がふくれてコブのように浮き上がり、初期は脚のだるさや、こむら返りに悩まされます。

チェック病院では、超音波による検査で血管の状態と血流を診てもらいます。

チェック治療は、弾力ストッキングが処方される場合が多く、重症になれば、手術も検討されます。

運動不足肥満も要因となりますし、遺伝もありますので、どうかご注意ください。

こんな症状にも、要注意です

女性
顔や手がむくむ
朝のむくみがひどいとても疲れやすい脚のむくみを押してもへこまないも、病気が原因の症状かもしれません。

一般内科を受診し、必要に応じて専門医を紹介してもらいましょう。

脚のむくみが日常的にあると、つい慣れてしまって、あまり気にしなくなりがちです。
しかし病が隠れている場合もありますので、疑わしい時は、迷わず受診して下さい。

また、日常生活では塩分をひかえ水分は適量摂取しましょう。

原因疾患がなければ、脚の筋力低下運動不足がむくみを引き起こしてしまうので、長時間同じ姿勢をとらず、ウォーキング等に努めてくださいね!

いいね!
この記事をお届けした
ishiki-upの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする