自然治癒力を高めて便秘解消!~腸を休めましょう~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容・女性あなたは毎日お通じがありますか?

お通じがない日が何日もあると、お腹が張ったり吹き出物ができたり、気分も憂うつになってしまいますよね。

お腹の痛くなる便秘薬を飲んでなんとかしのいでも、飲まないとまた便秘。
その内なんだか薬を飲んでも効かない気がするから、薬の量を増やす・・・

まさに、悪循環ですよね?

でも、人間にはもともと自然治癒力というものが備わっているんです。

そこを活かしてあげれば、便秘薬のツラい痛みに耐えなくても毎日快調になれますよ!

〈1.空腹状態をつくる〉

「1日3回食事をすることが大事!」と言いますが、常に胃腸は消化することで働きづめです。

特に前日の夜食べ過ぎたりした翌朝などは、胃もたれなどしている状態、なんてこともありますよね。

そんな時にまた朝食を摂ると、胃腸はオーバーヒートしてしまいます。

まずは働き過ぎの胃腸を休ませてあげましょう

〈2.朝食は固形物をとらない〉

ヨーグルト空腹状態をつくるとは、前の食事からだいたい16~18時間、食事をしないということ。

ただ、これから一日過ごすために何も取らないと、力が入りませんよね?

そこでオススメなのは、しょうが紅茶ホットヨーグルトです。

しょうが紅茶は体を温めてくれますし、ヨーグルトも乳酸菌がお腹の調子を整えてくれます。

朝はこれだけですが、昼食までは忘れず水分補給もこまめにしましょう。

〈3.昼食は軽めに〉

テーブル・椅子朝食をしょうが紅茶ホットヨーグルトだけで過ごし、お腹はペコペコ。

待ちに待ったランチです。
「さあ、お腹いっぱい食べるぞ!」と思ってもちょっと待ってください!

胃腸は半日以上お休みして、まだ寝ぼけた状態。

そんな時にたくさん食べ物が入ってきたら、ビックリしてしまいます。

物足りないかもしれませんが、昼食は腹6分目くらいに、消化の良いものを選びましょう

よく噛んで食べれば、意外とすぐに満腹感が得られますよ。

少し物足りないくらいにとどめておけば、午後からの眠気も軽くなります!

〈4.夕食は食材を選んでバランスよく〉

朝、昼と過ごしてちょっと心配なのが栄養バランス

あまりに食事が少ないと、元気に過ごすための栄養が十分でない気がしますね。

血や肉をつくる大事なタンパク質もきちんと摂りましょう。

野菜きのこも積極的に!

ピックアップ
それから便秘解消に欠かせないと言われる食物繊維
よく聞くのが不溶性食物繊維のサツマイモなどですが、ここで水溶性食物繊維も意識してください。

水溶性食物繊維は便を柔らかくしてくれますので、お通じの際にスルっと出やすくしてくれますよ。

ワカメなどの海藻類や、オクラなどのねばねばしたものに多く含まれます

ピックアップ
不溶性水溶性のバランスが取れていてオススメな食材納豆です。

納豆は発酵食品ですし、お腹の環境も整えてくれそうですね。
もちろん、ここでの食べ過ぎは禁物。

腹8分目くらいにとどめておきましょう。

〈5.糖質は控えめに〉

ダイエット・パンケーキ菓子パンやスイーツなどは美味しくてなかなかやめられない…!

でもそれは、糖質のせいかもしれません

特に人工的に精製された白砂糖などは依存性があると言われます。

たくさん体の中に入れてしまうと、食欲をコントロールする細胞が傷ついてしまうのだそうです。

胃腸「もういらない」状態でも、「もっともっと」と満腹感が狂ってしまい、食べ過ぎにつながってしまいます。

食べ過ぎは便秘につながりますから、注意しましょう。

〈6.軽い運動を取り入れる〉

ストレッチ便秘予防に大切と言われる腸腰筋

ここを鍛えておくとよりスムーズなお通じが期待できます。

ストレッチや、軽いウォーキングを日々取り入れるようにすると良いかもしれませんね!

まとめ

オーバーワーク気味の腸を休めることで、人が本来持っている自然な排便のリズムが戻ってきます。

便秘が解消されれば、体も心も軽くなること間違いなしですよ。

毎日スッキリした気持ちで過ごせるようになりましょう!