生理周期を活かした痩せるためのダイエット方法!運動する効果的なタイミングは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カレンダー

 生理は月に一回来るやっかいなモノ・・・そう感じている女性の方は少なくないのではないでしょうか?

その生理ですが、ダイエットをする際に大きく関係してくることをご存じですか?

生理前、生理中、生理後では分泌されるホルモンの量が変わる事から、ダイエットの効率も変わってきます。

痩せやすい時期痩せにくい時期」をしっかり把握してダイエットに活かしましょう!

生理前は「痩せにくい」?

女性

 一般的には、生理前とは「生理の1週間前黄体期と呼ばれる期間を指します。

黄体期には女性ホルモンのプロゲステロンが多く分泌される事で体温が上がりやすくなります。

生理前に熱っぽく感じる方も多いのではないでしょうか?

プロゲステロンには、女性の体を妊娠しやすくする作用があるので脂肪水分を身体に蓄えて来るべき妊娠に備えようとします。

さらに生理前には食欲がアップする女性が多いのですが、これも身体が妊娠に備えようとするからです。

そして、生理前のイライラ、これも経験のある方が多いと思いますが、このイライラが食欲を増幅させてしまうことがあります。

この時期は非常に痩せにくいので、無理に食事制限をしてもあまり効果が見られない方もいます。

生理前には身体のだるさや腹痛といった体調不良に悩まされる事も多いので、それらの体調不良を我慢して運動をしたとしても、得られる効果は少ないので運動もあまりオススメ出来ません。

つまり、ダイエットには適さない時期として頭に入れておいた方が良いかもしれません!

生理後は痩せるチャンス!

女性

生理後は、生理周期の中でもっともダイエットに適している期間である方が多いようです。

生理後とは「生理が終わってから7日間」を指し「卵胞期」と呼ばれる期間です。

この時期は普通に日常生活を送っているだけでも、体重が減りやすくなっているのでそこに運動や食事制限を加えれば、格段に良い効果が得られるでしょう。

そしてこの時期は「有酸素運動」が非常に有効です!

体内で脂肪分解酵素が多く作られるため、有酸素運動をすればするほど脂肪は燃焼されていきます。

筋肉が作られやすい期間でもあるので「無酸素運動」を行うのもオススメです。

身体の筋肉量が増える=基礎代謝が上がる】と言う事なので、運動をしていない時のカロリー消費量も自動的に増えます。

無酸素運動で筋肉を増やしながら、有酸素運動で脂肪を燃焼させていくと言うダブルアプローチは、リバウンドをしない理想的な身体作りと言えますね!

すぐに効果も出やすく、ダイエットを始めるにはこの期間がベストかもしれません。

生理中は?

女性

生理中は無理な食事制限や運動はせずに、穏やかに過ごすべき時期です。

生理痛が酷くてダイエットなんて考える余裕がない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

体が冷えると基礎代謝が落ちてしまい、カロリーも消費されません。

そして生理中は生理痛頭痛といった体調不良も起こりやすくなります。

無理にダイエットをしても効果は期待出来ないだけでなく、その後の痩せやすい時期痩せにくくなる可能性さえあるので注意しましょう。

なるべく温かいものを食べて身体を冷やさないようにしましょうね。

生理周期に合わせて

女性と生理は切っても切れない間柄です。

だからこそ、生理周期に合わせて、自分の体調と相談しながら無理のないダイエットを長いスパンで続ける事が成功の秘訣だと言えるのではないでしょうか?

しっかりと身体に必要な栄養を補給し、生理前生理生理と、あなたのペースで無理なくダイエットと付き合っていきましょう!