角栓、毛穴の汚れに効果的!注意点やケアの方法はこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

baby

毎日クレンジングし、洗顔をしっかりしてるにも関わらず、毛穴が目立ったり、黒ずみなどで「またか・・・」と肩を落とすなんてこともあるでしょう。

あの人はあんなにキレイなのに私はなんでこんなに毛穴が目立つの?

と、ケアをしてもなかなか改善されないのはなぜでしょうか?

毛穴の汚れをキレイにしたい!
出来ることなら赤ちゃんみたいなツルスベ肌を手に入れたい!

そんな角栓、毛穴の汚れを落とすためのポイントをご紹介していきたいと思います。

乾燥肌は要注意!?

角栓毛穴の詰まりが特に気になる方は、乾燥肌にならないように注意しておく必要があります。

お肌は乾燥してしまうと皮脂を出そうと働き、角栓の原因となる余分な皮脂で毛穴は詰まりやすくなってしまうのです。

乾燥した皮膚は硬くなり毛穴の伸縮を悪くさせてしまいます。

鼻や口のまわりは皮膚が硬くて乾燥しやすいため角栓が詰まり、鼻のまわりや口の下などが目立つようになってしまいます。

そのためにも、普段からしっかりと保湿し、乾燥肌を遠ざけることが大切になってきます。

メイクをしっかり落とすことで角栓予防に!

泡洗顔

皮脂の汚れやメイクをしっかり落とせないでいると、お化粧品の固形物が残ってしまい、毛穴に詰まって角栓となり黒ずんでしまうのです。

また、お肌の年齢が上がるにつれ古い角質や皮脂、化粧品が落ちにくくなってしまうんですね。

だからと言って、強くこするように落とさず、ゆっくり優しく落とすことを心がけて、クレンジングすると良いでしょう。

詰まった角栓を放置していると・・・

思うようになかなか落ちない角栓を放置していると肌トラブルの原因となりかねません。

角栓の酸化により黒ずみ毛穴に
毛穴に詰まった角栓は空気がふれることで、角栓の先端が酸化して黒くなってしまいます。
皮脂が多く分泌される鼻や鼻のまわりでおこりやすく目立ってしまうのです。

毛穴の黒ずみがいつのまにかシミに
詰まった黒ずみは長い間滞在しているうちに皮膚に刺激を与えてしまい、活性酸素が発生してしまいます。

この活性酸素がメラニン色素の生成を促していきます。

これが繰り返しおこることでメラニン色素は沈着していき黒ずんだシミのように見えてしまうのです。

力技で角栓をとらないで

毛穴

ついついやってしまいがちな、無理やりに角栓を引っこ抜いてしまう方法・・・

気持ちはわかりますが、これをやってしまうと毛穴はダメージを受け、悪循環に陥ってしまうのです。

普段、毛穴は閉まっていて角栓を無理に奥から出そうとすることで毛穴が開いてしまいます。
売られている毛穴パックコメドプッシャーピンセット無理やり押し出すのもやめてください。

確かに取れた時にはなんとも言えない満足感はあります。

しかし一時的であって、お肌を傷つけてしまったり皮脂の分泌を多くして皮脂詰まりを招いてしまうことになります。

ですのでそういったやり方はあまりオススメできません。

まずは洗顔をもう一度みなおして

洗顔

毎日の洗顔をしていても角栓が詰まりやすいときは、洗顔の見直しをしてみてはどうでしょう!

洗顔料ですが、あなたはどんな洗顔料を使っていますか?

一般的には弱酸性の洗顔料が良いとされてますね。

しかし、洗浄力が弱く、お肌には優しすぎるので脂性肌(オイリー肌)の肌質ではすぐに皮脂詰まりをおこしてしまいます。

そこで、オススメするのは、しっかり泡立つ弱アルカリ性の洗顔料をお試しになってみてはいかがでしょうか。

皮膚に悪いと思っている方が多いようですが、石鹸が水に溶けているときと変わらず皮膚に害はないのです。

水ではなくぬるま湯をつかい、しっかりと泡立てながら優しく洗顔してください。

絶対にゴシゴシこするような洗顔はしないでくださいね。

もっと言えば吸着するフォームタイプを選んでみると良いでしょう。

>>>正しい洗顔方法は?

目立つ場所だけに

毛穴の角栓は人に見えてしまう部分でもあり、何かと気にしてしまいますね。

しっかりメイクを落とし、正しい洗顔で、角栓や毛穴の黒ずみを解消しましょう。

それでも取れないときは美容皮膚科やエステなどプロに任せるのも一つの手段かもしれません。

今回ご紹介した以外にも効果的な方法はありますが、まずは洗顔からもう一度見つめなおし、キレイなお肌を手に入れましょう。

お肌のお悩みを抱えている方に向け、洗顔料ランキングとしてまとめてみたので参考にどうぞ!!

いいね!
この記事をお届けした
ishiki-upの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする